親からお金を借りるには

お金を借りる、一番手っとり早い方法は、自分の親に借りることです。
ただこれは、楽だし、利子もつかないぶん、ちゃんとけじめをつけるためにお互いに話し合って、ルールや期限を決めるべきですね。親御さんに心配をかけないためにも、ちゃんと計画的に返しましょう。


<血縁トラブルが一番大変>

悲しいことですが、お金でもめると一番血縁関係がやっかいです。たとえば、あなたが親御さんにお金を借りるとします。ちゃんと返せなかったり、親御さんの好意から、うやむやになったりしたら、あなたの兄弟はどう思うでしょうか。
また、あなたが結婚していたら、話は更に複雑です。あなたの奥さんや、もしくは旦那さんが関係してくるのです。そして、あなたの兄弟も皆結婚していたら。倍々的に話しは複雑化していきます。
周囲の身内の方々をちゃんと納得させるだけの説明と、それからの責任を果たしていくように最大限の努力をすべきですね。


<オレオレ詐欺に気をつけて>

これは蛇足かもしれませんが、大学生以上の子供のいらっしゃるご家庭では、オレオレ詐欺に気をつけてください。
また、お子さんの側で気をつけることは、電話一本で頼みごとをしない、ということです。仮にも、お金を借りるんですから、ちゃんと頭を下げにいきましょう。


安全にお金を借りる場所を知りたい

お金を借りるときに不安なのは、安全な会社かどうかということも大きく含まれるかと思います。実際に本物を見たことがある人は非常に少ないとは思いますが、違法の金貸し行為などに巻き込まれてしまうのは非常に怖いですよね。ちゃんとした会社の選び方をご紹介します。


お金を借りる消費者金融は安全

よく誤解されてしまうのは、消費者金融は危険というものです。消費者金融は、貸金業法という法律を守って運営されている会社で、反社会団体などとのかかわりもありません。国にも申請し、許可を得て経営しているところなので、安全に利用できます。消費者金融の行っていた即日キャッシングなどは、最近銀行でも行われ始め、コマーシャルなども見かけるようになりました。


090金融などの闇金融が危険

電信柱などにチラシを貼ってある、携帯電話の番号しか明記されていないような金貸しは、基本的に違法な業者だと思いましょう。貸金業を営むには固定電話や住所の届け出が必要となりますので、許可を得ずに金貸しをしていることとおなじです。このような貸金は反社会団体とのつながりがあることも多いので、お金を借りるなどのかかわりを持つことは一切やめることをおすすめします。予期せぬ形だとしても、巻き込まれてしまったら、まずは警察、弁護士などに迷わず相談し、自分を守りましょう。


お金を借りるなら責任を最後まで持とう

皆さんは、融資をしてもらう時に責任感を持つようにしていますか?
貰っているのではなくてお金を借りる訳ですから、当然返済が必要になりますので責任感は必要だと思います。
完済するまでは何も終わっていないと思いますから、完済するまでは責任感をもって返済をしていくようにしましょう。
融資をしてもらって気が緩んでしまう気持ちはわかりますが、お金を借りているのだという事を忘れないようにして。


お金を借りるのって情けない?

よく消費者金融を利用するのは恥ずかしいとか情けないという人がいますが、果たしてそうでしょうか?
皆が皆同じ生活をしているわけではないので、どうしてもお金を借りる必要のある人だって出てきますよね。
それに、困った時の為に消費者金融があるわけですから、別に情けないとか恥ずかしいとか思う必要なんてないと思います。
困った時には頼って、後からちゃんと返済すれば何も悪い事も無いです。


評判を気にしてみて

自分が利用したいと思った場所についての評判や、口コミは調べておくのがいいでしょう。
実際に利用してお金を借りてみないとわからないこともあるでしょうし、今後の参考にもなると思いますからね。
そういったことを調べて納得してから、お金を借りるように。


計画的にお金を借りるように

お金に困ってしまった時は、消費者金融に駆け込む人もいるようですが、計画的に利用するようにして。
もちろん、困ってしまった時にお金を借りることは悪い事ではありませんから、深く考えなくても大丈夫です。
ただ、計画的に利用しなければ借りるだけ借りて返済できなくなってしまう、なんていう状態になりかねないので・・・。
だから、お金を借りる時は返済についても考えるようにしてからじゃないと、よくないと思うんですよね。


お金を借りるのは当たり前じゃない

勘違いしている人も多いようですが、融資は貰っているのではなくて借りているという事なんです。
確かに即日融資ですぐ現金を手にすることが出来て感覚が鈍りそうですが、借金をしているのだという事を忘れずに。
お金を借りることが便利になりすぎているから、正しく利用しなければ怖いことになってしまいますよ。
気がついたら返済できないほど借金が膨れ上がっていた・・・なんて言う事の無いよう、注意するようにして下さいね。


手続きは早めに済ませておく?

いざという時、すぐに融資をしてもらえるようカードだけ先に作っておくのがいいかもしれませんよ。
急いでいるときに、申し込みから始めるのは効率も悪いですから前もって手続きできるならしておきましょう。
その方が、困ってしまった時すぐお金を借りる事が出来るのですごく楽になりますよ。


お金を借りるにはどうすればいいですか?

金融会社からお金を借りたいけれど、何から始めて良いのか分からない人はいませんか?
一番最初にすることは、どの金融機関が自分に合っているのか見極めることだと思うんですよね。
ネットで検索をすれば公式サイトが出てきますから、色々他社と比較をしてからお金を借りる場所を探します。
もし見つけたら、今度は申し込みをするのですが現在では様々な申し込み方法があるから、都合のいいものを選ぶようにして。


審査に通ったらお金を借りる

申し込みをして審査に通れたら、やっとお金を借りられるようになります。
勤続年数が1年未満とか他社からの借入が多いとか、そういったことが無ければ審査に通ってお金を借りる事が可能です。
ブラックリストに掲載されてしまっている人は、5~7年は利用できないと考えた方がいいでしょう。
ブラックの人でも審査に通れるところもあるみたいですが、それは時と場合によって考えてからにした方がいいですね。


周囲に知られたくない

多くの人達が周囲の人に知られたくないと思っていますよね?
お金を借りる事を知られたくないと思うのは当然のことだと思いますが、最近はどこも配慮してくれているから安心。
在籍確認の電話も個人名ですし、郵送物も分からないようにしてくれているから知られる事は無いんですよ。


初めてお金を借りるなら安心できる場所で

初めて金融会社に頼る人って、やっぱり安心できるところを利用したいですよね。
名の知れないところは怪しいので、知名度のある場所からお金を借りるのが一番だと思いますよ。
ただ、自分で探すのは少々大変だと思いますから、ランキングや比較サイトをチェックしてみるのがいいかもしれません。
詳しいことが掲載されているから、他社と比較がしやすくなっていますし公式サイトへ飛べるようになっているので楽です。


お金を借りる時は慎重に

簡単に金融会社を利用する人もいるみたいですが、出来ればよく考えてから決めるようにしてもらいたいです。
何のためにお金を借りるのか、よく考えてから利用した方がいいと思いますから、簡単に決めてしまわないで。
自分の返済能力をきちんと理解しておくのも大事ですし、何に使うのか決めておけば金額も必要なだけで済みます。
ざっとこれだけあればいいだろう、というお金の借り方は良くないからやめましょう。


自分の状況を把握しよう

初めて利用する人なら問題ないのですが、すでに他社から複数借りている人は気を付けるようにして。
あまりにもお金を借りる行為を繰り返して返済していないと、審査に落とされたり融資してもらう事が出来なくなったりします。
特に、消費者金融は総量規制の対象ですから、急に融資をしてくれなくなる可能性があります。


お金を借りるのって緊張する?

皆さんは、金融会社を利用する時って緊張したりしませんか?
今はネットから申し込みが可能なので緊張しないかもしれませんが、電話や窓口から申し込みをする時は緊張しますよね。
その緊張感はお金を借りる際必要なものだと思いますから、忘れないようにしてもらえればいいです。
一番良くないのは、緊張感もなく責任感も持たずに借り入れしてしまう事ですからね。


お金を借りる事でピンチを切り抜ける

例えば、給料日までまだ日にちがあって手元には現金が少ないなんて言う時に、頼ってみませんか?
無理をしてやりくりをすれば、自分のライフスタイルにも支障が出てしまうので苦しくなってしまいます。
遠慮なくお金を借りるようにして、そのお金で公共料金や家賃を支払って、後日給料から返済するというのもいい方法です。
返済をしっかりすることが出来るのであれば、多少高額のお金を借りるのもいいかもしれません。


計画をちゃんと立てよう

返済は大切なことなので、ちゃんと返済計画を立てるようにした方がいいと思いますよ。
毎月このくらい返済していけば、完済するまでに何か月かかるとか計算をして何かに書いておくのもいいでしょう。
自分の生活に支障が出ないような返済方法を考えるようにして下さいね。